ワキ脱毛に関する調査の詳細について

ワキ脱毛に関する調査

ワキのムダ毛

しっかりと手入れをしないとすぐに伸びてしまうワキのムダ毛。夏は水着やノースリーブを着る機会が増えるので常にケアをしておかないといけないし、冬でもふとした時にケア不足のワキを見られて恋人や夫に幻滅された‥とならないよう、女性なら誰でも手入れ必須の箇所であるワキ。間違った自己処理による色素沈着や黒ずみ・埋没毛などがある方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんなワキに関する悩みのある方にぴったりのワキ脱毛でおすすめの方法をご紹介します。

ワキ脱毛にはどんな方法があるの?

では、ワキ脱毛にはどんな方法があるのでしょうか?ここ10年~15年ほどの間に、ムダ毛の脱毛方法には大きな変化がありました。光フラッシュ脱毛が行える脱毛エステサロンが一般的に普及したことにより、昔よりも非常に安価な価格で半永久的なワキ脱毛を行えるようになったのです。ワキ脱毛の方法としては他にも、医療機関で行うニードル脱毛やレーザー脱毛、自宅で自分で行うことの出来る家庭用脱毛器や電気シェーバーを使用した脱毛、除毛・脱色クリーム・ワックスなど選択の幅は広いです。昔から定番の方法である毛抜きやカミソリを使用した脱毛方法を行っている方も多いでしょう。次のセクションでは、多数あるワキ脱毛方法の中でもおすすめの脱毛方法をランキング形式でご紹介します。

ワキ脱毛におすすめの脱毛方法

【第3位】家庭用脱毛器
ワキ脱毛でおすすめの方法 第3位は、家庭用脱毛器による脱毛です。脱毛器と一口にいっても様々な種類やタイプが発売されていますが、今回ご紹介するのは一般的なフラッシュ脱毛が出来るタイプです。まずおすすめ出来る点といえば、自宅で簡単に出来るという事です。ワキでも他人に見せるのは恥ずかしいという方や、仕事が忙しい・小さな子どもの育児中などの理由でなかなかまとまった時間が取れない方には、自分の空いた時間の中で気軽に脱毛出来るので特におすすめ出来るでしょう。脱毛効果も期待できますし、カートリッジを交換して使用するタイプなら半永久的に脱毛出来ます。

※デメリットとしては、照射力が弱いため脱毛期間が長期に渡り、かなりの回数を重ねなくては脱毛の効果が得られないことです。また、発売されている家庭用脱毛器のほとんどはカートリッジを定期的に交換しなくてはいけません。

【第2位】医療脱毛
ワキ脱毛でおすすめの方法 第2位は、医療機関で行う医療脱毛です。医療脱毛では、毛に含まれるメラニン色素に対しレーザーを照射して毛の組織を破壊して毛を生えなくさせます。医療機関で行うだけあり、もしも施術中や施術後にお肌にトラブルが起きた場合でも、医師による薬の処方やアフターケアを受けることが出来ます。また、医療機関では出力の高いレーザーを使用しますので、他の脱毛方法に比べて短期間で永久脱毛が完了出来るという点はおすすめ出来る大きな点でしょう。 ※デメリットとしては、出力の高いレーザーを肌に当てるだけあり若干の痛みがあります。個人差があるので一概には言えませんが、ワキなら余裕で我慢できる痛みです。また、脱毛目的では保険が効きませんので費用が高いです。

【第1位】脱毛エステサロン
ワキ脱毛でおすすめの方法 第1位は、脱毛エステサロンでの脱毛です。近年若年層を中心に一般的になった脱毛方法です。脱毛エステサロンでは、照射力の低い安全な光を肌に当てて毛根にダメージを与えて破壊していく「光脱毛」と呼ばれる脱毛を行います。この光照射は、色素沈着やシミ・毛穴の開きなどの黒いメラニン色素にも反応しますので肌にこれらの悩みのある方には特におすすめ出来ます。また、脱毛エステサロンが次々に出来て業界の競合が激しくなったことで、非常に安価に施術を受けられるようになりました。 ※デメリットとしては、非常に人気なため予約が取りにくいということです。毛の生える毛周期に合わせて施術の予約を入れなくてはいけないので、適切な周期で予約が取れないと脱毛の効果が落ちてしまいますので要注意です。

ワキ脱毛に向かない脱毛方法

【第3位】カミソリ
ワキ脱毛にイマイチの脱毛方法 第3位は、カミソリを使用した脱毛です。カミソリ脱毛は昔からある定番の脱毛方法ですし、コンビニでもさっと買えるほど身近な上、非常に安価なので人気がある脱毛方法だと思います。しかし、カミソリは毛だけを剃っているように見えて、皮膚表面の肌をも削り取っているので肌に細かい傷をたくさんつけているのです。また、角質層を無理に剥がされた肌は非常に乾燥した状態になります。ダメージを受けて乾燥した肌は、炎症を起こしやすくなり、色素沈着を起こします。その結果、黒ずんでぶつぶつしたワキが出来上がってしまうのです。

【第2位】除毛クリーム
ワキ脱毛にイマイチの脱毛方法 第2位は、市販の除毛クリームを使用した脱毛です。除毛クリームは、大概どの薬局やドラッグストアでも購入出来ますし自宅で空いた時間などに気軽に出来る事から一度試した方もいるのではないでしょうか?一般的な除毛クリームには、アルカリ性の薬剤が入っておりこの薬剤がタンパク質である毛を溶かすため除毛ができるという仕組みです。けれどもこのアルカリ性の薬剤、溶かすのは毛だけではなく、薬剤を塗った肌をも溶かしてしまうのです。ですから、肌に与えるダメージというのが他の脱毛方法に比べて大きいです。また、溶かせる毛は肌の表面に出ている部分のみですから、数日がたてばまた毛が生えてきます。

【第1位】毛抜き
ワキ脱毛にイマイチの脱毛方法 第1位は、毛抜きを使用した脱毛です。毛抜きを使用して脱毛をすると、毛を根元から抜くことが出来るため次にまた毛が生えてくるまでに多少の時間を要します。自宅で空いた時間に自分で出来る上、脱毛効果を実感しやすいので非常に人気の高い脱毛方法でしょう。しかし、毛抜きを使用して脱毛をするとカミソリと同様、肌に多大なダメージを与えます。毛を抜く際に間違った抜き方をすると、肌の防衛反応が働いて皮膚の表面付近に小さなカサブタが出来たり、皮膚を厚くしようとします。すると、次に生えてきた毛がそのカサブタや厚い皮膚に邪魔されて皮膚の表面に上手く出てこられず、皮膚の中に埋もれてしまいます。これが、いわゆる埋没毛の原因です。また、毛根から毛を抜くことにより毛穴を広げてしまうのでその開いた毛穴が鳥肌のようにぶつぶつになってしまったり、毛穴に汚れがたまったりして黒ずみを招きます。

ワキ脱毛を行う上での注意点

ご紹介した通り、ワキ脱毛には様々な方法がありますがどのワキ脱毛を行う上でも注意しなくてはいけないことがあります。それは、アフターケアをしっかりとすることです。自宅でのケアの場合はもちろん、医療機関や脱毛エステサロンでの施術後にも気を付けなくてはいけません。自宅で脱毛を行う場合は、脱毛の前に必ずワキ・手を綺麗にすることと清潔な器具(カミソリや毛抜き、脱毛器など)を用意する事が大切です。また、脱毛後は肌の炎症を抑えるために必ずワキを冷やして十分な保湿をしましょう。医療機関や脱毛エステサロンでは、施術後に冷却や保湿などのアフターケアをしてくれることが殆どですが、その場限りではいけないので継続的に保湿をしましょう。

まとめ

以上、ワキ脱毛でおすすめの方法についてまとめてみました。 ワキは他の皮膚と違って非常に敏感な箇所です。毛の流れが一定でなく、場所により毛の生える方向が違い、また若干縮れているため、カミソリや毛抜きを使用して綺麗に脱毛するのは難しい箇所でもあります。トラブルの起こりやすいデリケートなゾーンであることから自己処理は避けた方が良く、脱毛エステサロンや医療機関の脱毛のプロに任せるのがおすすめです。予約の取りにくい脱毛エステサロンでも、ワキは脱毛の面積が小さく短時間で施術が終わるため他の箇所に比べて予約が取りやすいです。以上の事から、ワキ脱毛でおすすめの方法は脱毛エステサロンでの脱毛といえるでしょう。